• Miwa Shioya 塩谷美和's Blog

フリーダムライターズ〜The Freedom Writers Diary


やっと観れました!

「フリーダムライターズ(原題 The Freedom Writers Diary )」

実話です。


最初、タイトルを聞いた時、てっきりフリーダムライダーズの事かと思ったのですが、ハイスクールが舞台でかつ、人権、人種問題や教育、子供達の心に焦点が与えられていると知って、さらに興味を持ちました。


私は長年、専門学校でもゴスペルを教えてますが、最初の授業で「天使にラブソングを2(原題SIster Act 2)」を必ず鑑賞してから歌に入ります。天ラブ2はハッピーエンドの楽しい映画で、これを観ると絶対ゴスペルが歌いたくなる!という事で、観た後に歌う生徒達の顔は本当楽しそうです。


観る前にザックリと舞台になっている当時の情勢、治安の悪い地域にある高校の状況、実は登場人物の高校生達は一人一人様々な大変な状況を抱えている、と説明します。この映画はまさに天ラブ2が公開した1994年のLAが舞台になっていて、まさに、天ラブ2に出てくる生徒達のリアルサイドを描いているな、と思いました。


例によってぜひ観てもらいたいので、ネタバレはしませんが、、、

生徒達の住む町の治安の悪さ、家庭環境の悪さ、学校の体制の不条理さ、心の傷や恐怖。中盤ではホロコーストの事も出てきました。しかし一人の女性教師(父は公民権運動にも参加していた)によって、本を読み、教えられ、銃からペンに持ち変えて、思いを言葉にしてどんどん変わっていく生徒達。教育の大切さを実感。タイトル「フリーダムライターズ」と「フリーダムライダーズ」の関係も作品中に描かれています。

絶望の中から光が見えた、ディープなハッピーエンドです。

10回の閲覧

© 2023 by Rafael Nash. Proudly created with Wix.com