• Miwa Shioya 塩谷美和's Blog

「君といた108日」I still belive


映画「君といた108日」。

数ヶ月前にオンラインで試写させてもらった映画の紹介です!


実際のゴスペルシンガーのストーリーだけあって、音楽がとても良かった!


アメリカの大自然の映像と、スケールの大きいバンドサウンド。


乾いたギターの音の響き。


映画館の大画面とサウンドで観たい作品の一つ。


この映画全編を通して思い浮かんだ言葉がこれ。





「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。

自分のいのちを愛する者はそれを失い、この世で自分のいのちを憎む者は、それを保って永遠のいのちに至ります。」

ヨハネの福音書 12:24,25


★ここからネタバレ注意★


メリッサは、神を愛する女性。

そして一人のゴスペルシンガー、ジェレミー・キャンプと出会う。


彼女達が結婚しようとするいざその時、メリッサはガン宣告を受けます。

しかし、たくさんの人の祈りによって、奇跡が起こり、癒される。

でも、また再発して、、、


私の周りでも、希望を持って祈り、がんが癒されたという人の話を多く聞きます。

しかし、私たちは、癒されていても、歳をとり、いつかは死んでいく、限りのある存在。

だからこそ、精一杯、与えられている人生を生きたい。

役目を果たしていきたい、そう願う。


でも、誰も自分のいのちをコントロールできる人はいない。

そして、愛する人が病で苦しんでいても、何もできない、無力さを知る。


でも、メリッサは、自分に与えられている希望、闘病の経験、が多くの人を励ますことを知りました。

そして、ジェレミーに与えられた。

どのような時にも、愛することを。


私たちのいのちは、すべて主の御手の中。

いつかは死を迎える。しかし、私たちは天で永遠に生きる希望があること。

だから死の恐れより、他者を励ますために、いのちを証しする。

そのことで、種が撒かれ、やがて種は芽を出し、次のいのちへと繋がっていく。


メリッサは、永遠の癒しといのちを持って、天に帰って行きました。

そして、ジェレミーにゴスペルシンガーとして、また新しい使命が与えられたのです。


余談ですが、


昨年10月、夫の第二の母的存在の女性に、突然ガンが発症し、余命3ヶ月と宣告されました。

私たちは癒しを、救いを祈りました。

そして夫は、永遠のいのち、天で再会できることを彼女に伝え続けました。


約1ヶ月後、彼女が、最後の生活を過ごすために、病院から家に戻ったその時、

私は彼女の手を取り、もう一度、永遠のいのちとイエスの救いを伝えました。

彼女はイエスを自分の主として受け入れました。


それから3日後、彼女は天に帰って行きました。

ガンによる痛みも、苦しみにもがくこともなく。

その死に顔は、とっても安らかでした。

今頃、天で、限りのない愛に包まれているのかな、、、


永遠に視点を合わせると、たくさんの希望に気づかされます。


ぜひ、観てほしい映画です。