I need you to survive 日本語歌詞

先日の9月11日は、911。NY同時多発テロから20年。

遺族でまだ心の癒えていない方もいることをニュースで知りました。

アメリカがアフガニスタンから撤退。思えば、この911をきっかけに戦争が始まった。


この911の悲しみの中から生まれた曲。 

I need you to survive。

911があって直後、ヘザカイヤ・ウォーカー牧師とLove fellowship choirが大和カルバリーチャペルにコンサートをしにきたことを覚えています。

その時の、録音MDも家にあった!

彼らは、911のことを話し、教会の仲間を失ったことを話し、この曲を歌ってくれた。

その直後、たくさんのクワイアでこの曲が歌われ始めて。

その頃教えていた、Praise in the Sun Gospel Choirのメンバーに「日本語で歌おう」と歌詞を募集して、メンバー4人が書いてきてくれた歌詞を組み合わせたのか、下の動画です。


タイトルにもなっているI need you to surviveという歌詞。

日本語にするのが難しくて、、、 「生きていてほしい」と訳したけど、

当時は、歌の歌詞としてはダイレクトすぎるのかな、、、と思いました。

今のこのコロナ禍、災害が続く中、戦争がいつ起こるかわかならい時代には、

大切な言葉かと感じます。


あなたは大切な人

生きていてほしい

もう言葉では傷つけない、、、


はっきり者を言うアメリカ人。

はっきり言わないと、通じない、多民族の国。

でも、時には誤解を生むことも、、、


私たち日本人は、言わなくてもわかるよね、文化。

または、SNSで、顔の見えない言葉で傷つけ合う。

日常生活の中で、無意識に人を傷つけていることも、、、


We are all a part of God's body


聖書の1コリント12章にはこうあります。

14,26,27節

「実際、からだはただ一つの部分からではなく、多くの部分から成っています。

一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。

あなたがたはキリストのからだであって、一人ひとりはその部分です。」


痛みによって、愛を知ることもできるんですね。


愛しているよ、あなたは大切だよ

そうなかなか言えない日本人の私たちだけど、歌いあって伝えあっていきたい1曲です。



#ineedyoutosurvive

#hezekiahwalker

#davidfrazier

6回の閲覧

最新記事

すべて表示